歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

宮澤賢治「銀河鉄道の夜」の銀河鉄道はどうして"天の川"を走ったのか?

宮澤賢治「銀河鉄道の夜」の銀河鉄道はどうして"天の川"を走ったのか?

銀河鉄道が広い宇宙の中で「天の川」を走っていた理由

しかし、「銀河」はとても広いのに、なぜ銀河鉄道は天の川だけを走っていたのでしょうか。

実は、かつて天の川は「銀河」と呼ばれていました。しかし時が進むにつれ、天の川の外側にも似たような星の集まりが数多く発見されたため、それらすべてを「銀河」と呼ぶようになりました。そこで、かつての「銀河(天の川)」を「銀河系」と呼び区別することになったのだそうです。私たちのいる太陽系は銀河系のほんの一部にすぎないし、銀河系の外にもまた別の銀河が存在しています。

宮澤賢治は夜空に帯状に広がる銀河(天の川)を、たくさんの人々の想いを乗せ、色とりどりに輝く夜空を走る鉄道の線路に見立てたのではないでしょうか。人は死んだら星になる、という言い伝えも、ふと頭をよぎります。

銀河鉄道の夜

 

RELATED 関連する記事