手洗いをしっかりしよう!Japaaan

幕末の京都を震撼させた「人斬り」尊王攘夷派の志士達が起こした要人暗殺テロ【前編】

幕末の京都を震撼させた「人斬り」尊王攘夷派の志士達が起こした要人暗殺テロ【前編】

井上佐市郎暗殺事件

犠牲者:井上佐市郎
暗殺者:岡田以蔵・久松喜代馬・岡本八之助・森田金三郎
日時・場所:1862年8月26日、大阪

1834年生まれの土佐藩士。家柄は下級武士であったが、吉田東洋に見出され下横目(藩士を監察する役職である横目の補佐。土佐では下級の警察官を表した)の役職を与えられる。

5月に吉田東洋が暗殺されると、事件の真相を捜査しはじめる。東洋を暗殺した土佐勤王党は井上を危険人物と考え暗殺を計画。8月26日、井上を酒の席で泥酔させた上で絞殺。遺体は川に投棄したとされる。

井上の同僚には後に三菱財閥の創業者となった岩崎弥太郎がいた。岩崎は井上と共に大阪に赴いていたが、井上を残して帰国したため難を逃れている。

【後編】へ続く

 

RELATED 関連する記事