観光・地域 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

2019年も残りわずか!毎年恒例、今年も浅草歳の市、羽子板市が開催

2019年も残りわずか!毎年恒例、今年も浅草歳の市、羽子板市が開催

いよいよ2019年も残りわずか。暮れも押し詰まってきましたね。今年もついに、毎年恒例の浅草歳の市、羽子板市の時期がやってきました!

開催概要

浅草歳の市は、別名羽子板市とも呼ばれ、浅草の浅草寺の境内で毎年12月17~19日の3日間にわたって開催されます。羽子板市と呼ばれるだけあって、沢山の押し絵羽子板を売る市が立ち、浅草寺の境内を賑わせています。

長い歴史を持つ歳の市ですが、実は羽子板市がメインになったのは、明治時代になってから。もともとは正月用品を扱う年末の定期市でした。江戸時代初期、浅草寺で毎月開かれていた定期市のうち、年末の最後の市のみが「歳の市」と呼ばれるようになったのだとか。

歳の市に行けば正月に必要な門松やしめ縄などの飾りや水回りの雑貨、衣類、食べ物がすべて揃うので、人々はこぞって歳の市に押しかけました。

この浮世絵をご覧ください。浅草寺の歳の市は今でももちろん大盛況ですが、当時の歳の市の盛況ぶりは今と比べても物凄い混雑ぶりだったことが分かります。そんな歳の市は浅草寺からやがて全国に広まり、各地の寺社で年の瀬に歳の市が立つようになりました。

歳の市の中で販売される商品が徐々に羽子板中心に推移したため、別名「羽子板市」と呼ばれるようになりました。この羽子板市では、人気歌舞伎役者の当たり役を模した押し絵羽子板が江戸時代から変わらず人気を博しています。

加えて現在では、「世相羽子板」というその年に活躍した各界の著名人をモデルにした押し絵羽子板も毎年の風物詩となっています。今年押し絵羽子板のモデルに選ばれた「令和最初の今年の顔」は、5月に即位された天皇陛下と皇后さまをはじめ、ノーベル化学賞を受賞された吉野彰・旭化成名誉フェロー、電撃結婚を発表された小泉進次郎環境相&フリーアナウンサーの滝川クリステルさんらが選出。ぜひ羽子板市に足を運んで本物の押し絵羽子板をじっくり見たいものですね。

浅草歳の市 日程詳細

開催日程:令和元年12月17日(火)から19日(木)
午前9時00分から午後21時30分まで(最終日19日のみ、午前9時00分から午後20時30分まで)
開催場所:浅草寺境内

公式ホームページ

 

RELATED 関連する記事