ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

2020年FIFA公式試合球は日本の八咫烏からインスパイアされた「TSUBASA(ツバサ)」に決定!

2020年FIFA公式試合球は日本の八咫烏からインスパイアされた「TSUBASA(ツバサ)」に決定!

2020年に行われるFIFA(国際サッカー連盟)主要大会で使用される公式試合球を、アディダスが発表しました。2020年の公式試合球は「TSUBASA(ツバサ)」に決定。

FIFAクラブワールドカップ カタール2019、2020年FIFA主要大会、及び2020明治安田生命Jリーグで使用される公式試合球「TSUBASA(ツバサ)」。

この”TSUBASA”というネーミングは、大空を羽ばたく自由、大志の象徴としての翼(つばさ)の日本語より採用されています。海外でもファンが多い”キャプテン翼”を連想する人も多そうですね。

古来より日出国 日本の太陽が宿る象徴である「八咫烏(やたがらす)」にデザインインスピレーションを得ています。6枚均一パネル「アーバンパネルシェイプ」*¹に大空を羽ばたく自由を表現しているとのこと。

使用対象大会は、FIFAクラブワールドカップ カタール 2019 公式試合球 / FIFA U20女子ワールドカップ 公式試合球 / 2020年FIFA主要大会 公式試合球 / 2020明治安田生命Jリーグ公式試合球。

2020年FIFA主要大会で使用される公式試合球「TSUBASA(ツバサ)」は全国のスポーツ店で順次販売されます。

 

プレスリリース

 

RELATED 関連する記事