歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

もぐりの私娼から江戸吉原のトップ「太夫」にまで上り詰めた伝説の遊女「勝山」

もぐりの私娼から江戸吉原のトップ「太夫」にまで上り詰めた伝説の遊女「勝山」

「もぐりの私娼」から吉原のトップ遊女に上りつめた遊女

「太夫」「花魁」などと呼ばれた吉原のトップ遊女たちは、幼い頃に貧しい家から売られて「禿(かむろ)」という見習いとなり、振袖新造を経てステップアップするというのが一般的でした。

最高位は10万円超!?江戸吉原の最高級の遊女「花魁」と言っても更に細かい階級がありました

実は更に細かい階級に分かれていた「花魁」吉原の最高級の遊女といえば「花魁」です。ところが一言で「花魁」といっても、そこには更に細かい階級があったことをご存知でしょうか?いわゆる「花…

その一方で、岡場所などの私娼窟で働いていて逮捕され、刑罰として吉原に身柄を引き渡されて3年の年季奉公を科せられる女性も存在しました。彼女たちは「奴女郎(やっこじょろう)」と呼ばれ、吉原の遊女の中で軽蔑される最下級の扱いを受けるのが通例でした。

ところがそんな奴女郎から吉原の太夫、更には江戸のファッションリーダーにまで登り詰めた伝説のトップ遊女がいました。

私娼の湯女から吉原のトップ「太夫」になった勝山の来歴とは?

その遊女の名前は「勝山」

彼女は武州八王子(現在の東京都八王子市)出身で、「丹前風呂」と呼ばれる風呂屋の湯女として働いていました。

湯女は、もともとは銭湯などで「垢すり」や「髪すき」などのサービスだけを行う女性でしたが、だんだんとそれらに加えて売春も行うようになり、江戸幕府からはしばしば取締まりの対象とされていました。

以前「トルコ風呂」の名称が「ソープランド」に変更となった理由について解説しましたが、その「トルコ風呂」で当初「垢すりサービス」を行う女性が働いていたのが、いつしか「本番あり」のサービスを行う風俗店へ変わっていったのと似ていますね。

昔は「トルコ風呂」と呼んでいた。「ソープランド」への名称変更の裏にはあわや国際問題!の危機が?

「ソープランド」はなぜそう呼ばれるの?Japaaanではこれまでにも、歴史の中の性風俗産業についてご紹介してきました。[insert_post id=87406]江戸時代から昭和31(19…

勝山もまた、この取り締まりにより逮捕され、そのまま遊女として吉原に身柄を移されたのでした。江戸時代には、江戸で売春行為が公的に認められていたのは吉原だけだったため、本来これは違法行為である「もぐり」の遊女である私娼に下される刑罰でした。

しかし勝山は湯女として元々人気が高かったこともあり、そこから最高位の太夫にまで上り詰めました。

2ページ目 勝山の服装も大流行!外八文字も勝山が始めた?

 

RELATED 関連する記事