グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

郷土料理がポテチになったぞ!山梨県の味として「ポテトチップス ほうとう味」が新発売

郷土料理がポテチになったぞ!山梨県の味として「ポテトチップス ほうとう味」が新発売

カルビーが様々な地域で限定発売している、47都道府県の「地元ならではの味」。先日には岩手県・福田パンの「あん・バター入りサンド」を再現したポテトチップスをJapaaanでも紹介しましたが、

ポテチにあんバター!?岩手県・福田パンの「あん・バター入りサンド」を再現したポテトチップス発売

カルビーが展開している47都道府県の「地元ならではの味」のポテトチップスシリーズ。9月に京都の味「ポテトチップス 九条ねぎのおうどん味」が発売されましたが、11月に新フレーバーとして岩手の味「ポテトチ…

11月18日(月)から新たに「ポテトチップス ほうとう味」が発売されます。

ほうとう、大好きだけど、ポテトチップスだとどうなるの!?

「ポテトチップス ほうとう味」は”山梨の味”として発売されるポテトチップスで、インターネット上で募集した味案をもとに、山梨県庁にて山梨県やほうとう推進協議会等、地元の人と一緒にワークショップや試食会を行い、味やパッケージが決定しました。

ほうとうの他には、「吉田のうどん」「信玄餅」などのアイデアが出されたそうですが、長い歴史の中で地元の人を中心に、多くの人々に愛されていることから「ほうとう」に決定したそうです。

「ほうとう」は、平打ちの太麺をかぼちゃ等の野菜と一緒に味噌仕立てで煮込んだ山梨の郷土料理。「ポテトチップス ほうとう味」では、その「ほうとう」の味わいを再現し、かぼちゃの甘みとやさしい味噌の味わいが楽しめるポテトチップスになっています。

かぼちゃの甘味と味噌の味わいが楽しめるという部分で個性が出てきそうですね。パッケージには、戦国時代に武田信玄が陣中食として食べていたともされることから、鎧や兜等のイラストも描かれています。

デザインも味わいも山梨てんこ盛りの「ポテトチップス ほうとう味」は11月18日(月)に山梨・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川で販売されます。

 

プレスリリース

 

RELATED 関連する記事