ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

今年は9月13日!十五夜のお楽しみ「中秋の名月」に関する雑学を紹介します!

今年は9月13日!十五夜のお楽しみ「中秋の名月」に関する雑学を紹介します!

別名「芋名月」、収穫期のサトイモを賞味する

収穫された里芋を、名月のお供えに(イメージ)

この時期は里芋の収穫期に当たり、8月15日に芋煮を食べる習慣があったことから、十五夜の名月を「芋名月(いもめいげつ)」と呼ぶほか、お月様に備えるお団子も、地方によってはまんまるにせず、ちょっと端を絞ったサトイモ型にするそうです。

ちなみに十三夜(旧暦9月13日)の名月では、ちょうど食べごろを迎える枝豆や栗をお供えするため「豆名月(まめめいげつ)」「栗名月(くりめいげつ)」と言う別名もあります。

この十三夜の名月は中秋の名月とセットであり、片っぽの月しか見ないと「片見月(かたみづき)」として縁起が悪いとされるため、遊郭などではお金持ちの「太い」客を十五夜に誘い、十三夜も来させるというテクニックが用いられたようです。

そして旧暦10月10日の夜に出る十日夜の名月を合図に収穫期も終わりを告げ、厳しい冬の訪れを感じるのでした。

終わりに

芋豆や月も名をかへ品をかへ
松江 重頼(江戸初期の俳人)

夜空に昇る月はいつも同じなのに、時期によって呼び名が変わって面白いことだ……そんなユーモアが感じられる一句です。

ただ毎晩のように昇っている月を愛で、季節を感じる細やかな感性が、日本の文化を育んで来ました。

何かと忙しい日常の中でも、暮らしを楽しむ豊かさを持っていたいものです。

※参考文献:

喜田川守貞『近世風俗志―守貞謾稿 (一) 』岩波文庫、1996年5月16日

 

RELATED 関連する記事