歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

沖田総司はなぜイケメン設定に?若くして命を落とした天才剣士・沖田総司ってどんな人?

沖田総司はなぜイケメン設定に?若くして命を落とした天才剣士・沖田総司ってどんな人?

新選組を代表する隊士といえば!?

新選組ファンの女性たちの間で、鬼の副長こと土方歳三と並び大人気なのが、副長助勤筆頭を務めた沖田総司です。あまり新選組に詳しくない人でも、名前くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか?

沖田総司といえば「長身」「細身」「美青年」というイメージが強く、映画やドラマなどの映像作品では武田真治さん、山田涼介さん(Hey! Say! JUMP)、藤原竜也さんなどの若いイケメン俳優によって演じられています。

沖田総司ってそもそもどんな人?

沖田総司は1844(天保15)年又は1842(天保13)年、陸奥の白河藩士江戸下屋敷詰め(足軽頭)・沖田勝次郎の嫡男として江戸の白河藩邸(現在の東京都港区西麻布)に生まれました。

後世の作品での描写のとおり、天才的な剣の才能のあった彼は、9歳で天然理心流の道場・試衛館に入門し、19歳で免許皆伝となり、道場の塾頭も務めました。

その実力は「本気で立ち合ったら師匠の近藤でもかなわないだろう」とまで言われるほどだったというから驚きです!塾頭としての指導を受けていた門人によれば「荒っぽくて、すぐ怒る」「近藤(勇)先生より恐ろしい」という評判もあったのだとか。

新選組時代には敵対勢力の人間や、兄のように慕っていた山南敬助を含む隊則に背いた者を何人も斬っていますが、その一方で普段はいつも冗談を言って笑っているような明るい性格で、近所の子供たちともよく遊んでやっていたといいます。

2ページ目 沖田はなぜ「イケメン設定」に?

 

RELATED 関連する記事