ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

明治発売の銘柄も…タバコ銘柄「わかば」「エコー」「ゴールデンバット」が販売終了へ

明治発売の銘柄も…タバコ銘柄「わかば」「エコー」「ゴールデンバット」が販売終了へ

JTが長きに渡り販売してきたタバコ「わかば」「エコー」「ゴールデンバット」の3銘柄が、10月以降、在庫売りつくしをもって販売終了するすることになりました。

画像出典:たばこ専門店 さくらんぼ より

「わかば」は昭和41年(1966年)発売、「エコー」は昭和43年(1968年)発売、「ゴールデンバット」にいたっては明治39年(1906年)に発売された超ロングセラー銘柄。

販売終了の理由として、9月末の旧3級品特別たばこ税率撤廃により、大幅に値上げせざるを得なくなってしまったことを挙げています。

どれもマニアックな銘柄なだけに、いつも吸っている、または吸っていたという人は多くないと思いますが、個人的には、じいちゃんが生前「わかば」を好んで吸っていたのを記憶しています。

「わかば」と「エコー」に関しては、2019年9月中旬より「わかば・シガー」360円、「エコー・シガー」350円が新発売されることも、合わせて発表されました。

これは”リトルシガー”というジャンルの商品だそうで、たばこ葉を原材料として使用した巻紙を用いることで、リトルシガー特有の豊かな香りを活かした商品。リトルシガーは「葉巻たばこ」に分類されるそうです。

なお、北海道限定ではありますが、既に「ゴールデンバット・シガー」「ゴールデンバット・シガー・メンソール」が販売中です。

プレスリリース – JTウェブサイト

 

RELATED 関連する記事