ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

雲海シーズン到来!日本で見られる雲海スポットまとめ

雲海シーズン到来!日本で見られる雲海スポットまとめ

雲海(うんかい)とは山や航空機など高度の高い位置から見下ろしたときに雲が海のように広がっていることを表現する言葉。テレビ番組などでよく海外の映像で雲海が紹介されることがありますが、日本でもいろいろな場所で見ることができるんです。

発生する条件が限られている雲海ですが実は10月から2月がシーズン。そう、11月は雲海が見られるベストシーズンなんです。そこで、日本で見られる雲海スポットをいくつか紹介しますね。

阿蘇山:熊本県

火の国熊本のシンボル阿蘇山は活火山ですが、おだやかな表情を見せることもあるのです。

画像出典:阿蘇の雲海 – ロケ地画像検索 | くまもとロケーションナビ

 

 

国見ヶ丘:宮崎県

標高513m。高千穂盆地を取り巻く山々の中に沈む雲海は絶景。

画像出典:国見ヶ丘 | 高千穂町観光協会 | 宮崎県 高千穂の観光・宿泊・イベント情報

 

 

大江山:京都府

日本昔ばなしみたいな風景を大江山8合目の鬼獄稲荷神社から見ることができます。

大江山雲海[スポット詳細]-じゃらん観光ガイド

画像出典:nature photo

 

竹田城跡:兵庫県

天空の城。まさに。 10年前は無名の山城でしたが、メディアで取り上げられたことで話題になり観光客は平成24年度で24倍の約24万人に。朝来市観光交流課によりますと「平成25年度10月上旬で昨年入場者数を突破し、推移からすると24年度の倍近くの入場者数になりそう」とのことです。2013年からは維持費や警備費に充てるために、入場料300円が徴収されます。

フォトギャラリー(竹田城跡) | 朝来市

田城跡の雲海の発生しやすい条件など | 朝来市

写真提供:吉田利栄

 

知床・屈斜路湖:北海道

世界遺産 知床の屈斜路湖を覆う雲海。お見事です。

雲海に埋まる知床・屈斜路湖。

 

飛行機からの雲海

雲の中に山が小島のようにぽっかりと浮かんでいるように見えることから、雲海と呼ばれるようになったとか。 以前、Japaaanでもいろんな富士山の姿をご紹介しましたが、雲海の中の富士山を遠くから眺められるものは特別に浮富士と呼ばれます。

 

おまけ

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる