エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

ゆるキャラグランプリ2013投票開始!やっぱり強いのはクマ?

ゆるキャラグランプリ2013投票開始!やっぱり強いのはクマ?

ゆるキャラグランプリ2013の投票が始まってます。

ご当地キャラの登竜門というか、全国レベルのパブリシティを展開するチャンスとして、日本中から愛らしかったり不思議だったり異常だったりするルックスの輩が大集合する、ゆるキャラグランプリ。2012年から続くゆるキャラ王者・くまモンの辞退、そして今年度からはバリィさんふなっしーも不参加という事態を受け、かなりの混戦が予想されます。

果たして、グランプリの座に輝くのは、誰か。興味あるでしょ。正直、ないですか。でもこんな時は、興味あるように適当なこと言っといた方が、あなたの印象はきっと良くなりますよ。

Screenshot_1
今年のゆるキャラGPの大きなポイントは、「企業枠」の新設ということになるんでしょう。ゆるキャラと言えば通常、「地方自治体が右も左もわからず作り上げた素人感溢れ過ぎのキャラ」というのが、一般的。

それゆえに親しみやすさがあり、その親しみやすさだけを残して後は超プロフェッショナルに仕上げてきたのがくまモンだったわけですが、そんな成功を目にして、企業もゆるキャラ市場へ参戦を開始。そんな現状を受けたのかどうかは知りませんが、とにかく「企業枠」が始まりました。

今のところ、「企業枠」の上位に入ってるのは、「日本で唯一のクマの生協職員」が売りになってるCO・OP共済キャラクター「コーすけ」、パイナップルの頭に化け物のような唇が付いたアロハガス広報部長「パイプル君」、ポイントサービス「Ponta」を世界へ広める狸の「ポンタ」、「カエルになる事を夢見るヒヨコ」という種が不詳な謎の生物「ぴょこたん」などなど。

キャラ投票の締め切りは、11月8日。なので結果はまだまだわかりませが、でも企業枠の中では「コーすけ」、強いようです。やっぱりクマは、人気あるんでしょうか。

ゆるキャラグランプリ2013

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる