和雑貨 - 雑貨・インテリア - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

スプーン&フォークがくっついた海外の人に優しい「お箸」

スプーン&フォークがくっついた海外の人に優しい「お箸」

日本食や中華料理をはじめとしたアジア料理のお店は、多くの国であたりまえの存在となっていますが、そこで「お箸」をちゃんと使えるか?といったら海外の人は微妙な状況ではないでしょうか。

そんなお箸をうまく使えない海外の人に優しいのが今回紹介する「FORK-KNIFE CHOPSTICKS」

22042_zoom1

そうです、フォークとナイフの反対側が箸の役目を果たしてくれるアイテム。お箸が苦手ならフォークとナイフでどうぞ。

そしてこの「FORK-KNIFE CHOPSTICKS」のナイスなところは、箸が苦手な人でも箸を簡単に扱えるよう、ちょっとした細工がなされているのです。

ナイフ側に入った切れ込みにフォークをひっかけることで、ハサミのような扱い方で箸を持つことが出来るわけですね。こちらの動画の49秒あたりから使い方が確認できます。

日本にも「エジソンのお箸」という子供用のお箸がありますが、それに似た感じですね。

その他にも海外では箸とスプーンの皿の部分を一体化したユニークなお箸なんかもあったりします。

chop07
aissa logerot: chopsticks plus one and two

日本でつかったら「お行儀悪い!」と完全否定されそうですが、こういった直球な発想は大好き。

FORK-KNIFE CHOPSTICKS | Fork, Knife, UncommonGoods, Asian, Cuisine. | UncommonGoods

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる