伝統と現代性を融合。倉敷製蝋による極薄キャンドル「CARD CANDLE」がステキデザイン

伝統と現代性を融合。倉敷製蝋による極薄キャンドル「CARD CANDLE」がステキデザイン

今回紹介するのは、キャンドルブランドの「倉敷製蝋」から販売されているとってもユニークな形をしたキャンドル「CARD CANDLE」。

「CARD CANDLE」は、マスキングテープ「mt」やNHK大河ドラマ「龍馬伝」のデザインを手がけるアートディレクター居山浩二さんとのコラボレーションによるキャンドルで、なんといってもこの薄さが目を引きます。

キャンドルの薄さはわずか3mm(幅18mm×高さ70mm)。ローソクといえば円柱型の細長い形が一般的ですが、形が変わることで一味違った雰囲気に。デザインのこだわりも見られるので、部屋のインテリアとして飾っていても全く違和感がないでしょう。

カード型にすることで従来のものに比べて輸送効率もよく、ほとんどロウが垂れることがないのだそう。蝋燭の元々のシンプルさを失うことのないデザインは、灯りの美しさをより際立たせてくれます。

色を変えることなく、装飾を加えることなく、形状を変えるだけでここまで現代的なスタイルに変化するのはまさにデザインのチカラ。

「CARD CANDLE」を制作した「倉敷製蝋」は、工芸の町・岡山県倉敷市の昭和9年創業のキャンドルメーカーであるペガサスキャンドル株式会社のキャンドルブランドで、これまで培われてきた技術や知識と現代的デザインとを融合させた製品が特徴です。

「CARD CANDLE」にはFresh Floral、Fresh Green、Cassis Leavesの3種が用意されています。そのときの気分にあった香りで空間を演出したいですね。CARD CANDLEはキャンドル5枚入りで¥2,160(税込)。リフィルはキャンドル5枚入りで¥1,620(税込)で販売中です。

 

倉敷製蠟 伝統と現代性が融合したキャンドル

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる