ファッション - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

VANSから日本の伝統技術・藍染めを使ったスニーカー「JAPAN INDIGO COLLECTION」発売

VANSから日本の伝統技術・藍染めを使ったスニーカー「JAPAN INDIGO COLLECTION」発売

先日、コンバースのオールスター100から日本の伝統文様のひとつである「市松文様」を前面に配したスニーカーを紹介しましたが、

今度は伝統文様!コンバース記念モデル「ALL STAR 100」の新作は市松模様をパッチワークで!

コンバースの人気シューズ「ALL STAR」の生誕100周年で続々と発表されているモデル「ALL STAR 100」。日本文化に関連したデザインが数多くリリースされ、Japaaanでも何度か紹介しまし…

スニーカーブランドのVANSからも日本の伝統文化を融合させたスニーカーがリリースされました。今回紹介するのはVANSの「JAPAN INDIGO COLLECTION」です。

VANS「JAPAN INDIGO COLLECTION」

オールスター100の市松文様と同じような格子模様となっていますが、VANSは以前からこの格子模様のスニーカーはリリースされていました。今回の「JAPAN INDIGO COLLECTION」では、1500年以上も前から伝わる日本最古の植物染料と言われる藍染めの「Japan Blue」とも言われる深い青が特徴。

OLD SKOOL DX ¥7,500(+税)

SK8-HI DX ¥8,000(+税)

SLIP-ON ¥7,000(+税)

フランネルの起毛生地をインディゴで一旦染め上げて、抜染プリントを格子状に施しています。チェッカーフラッグな柄も染め上げて作り上げられることで市松文様と呼ぶ方がしっくりくる気もします。

モデルはOld Skool、Sk8-Hi、Slip-Onの3モデルが用意されているから好みやスタイルに合わせて選べるのも嬉しいところ。インソールにはJapan Indigoの刻印がされています。

「JAPAN INDIGO COLLECTION」は9月9日からオンラインショップ他で販売中です。

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる