日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

華やかな文明開化の東京を錦絵で振り返る「錦絵-東京浪漫(ろまん)展」開催

華やかな文明開化の東京を錦絵で振り返る「錦絵-東京浪漫(ろまん)展」開催

1868年の明治元年、王政復古の大号令により江戸幕府が廃止となり明治新政府が発足。明治元年以降、日本へは欧米の文化が次々と流れ込み、近代国家として姿を形成していくこととなります。

東京は文明開化によって海外の様々な文化が取り入れられ、江戸時代の頃の文化と欧米文化が共存した都に変貌していきます。そんな文明開化の東京の名所などを描いた錦絵にスポットを当てた企画展「郵政博物館誕生115年記念 錦絵-東京浪漫(ろまん)展」が開催されます。

本展は、郵政博物館の115周年を迎えることを記念して開催される企画展となり、郵政博物館では常設展示が行われていますが、常設展では展示する機会の少ない錦絵などが、前期と後期で展示替えする形で展示されます。

《東京名所 両国報知社図》
歌川広重(三代)/ 郵政博物館蔵

錦絵の企画展といえば、歌川広重や歌川国芳を始めとする江戸時代後期の浮世絵師の作品展が圧倒的に人気が高く、文明開化を感じさせる作品にスポットを当てた企画展は多いとはいえないので、貴重な機会ともいえるでしょう。

欧米文化と日本古来の文化が融合した明治元年以降の建築物やファッションには、前後の時代にはない魅力があります。当時の人々は今とはまた違った美的感覚を持っていたのかもしれませんね。

この時代の文化が好きな人にとっては楽しめる企画展ではないでしょうか。「郵政博物館誕生115年記念 錦絵-東京浪漫(ろまん)展」は、9月16日(土)〜11月26日(日)の期間、墨田区東京スカイツリータウンの郵政博物館で開催されます。

郵政博物館誕生 115 年記念「錦絵-東京浪漫(ろまん)」展

  • 会 期:2017 年 9 月 16 日(土)~11 月 26 日(日) 10:00~17:30(入場は 17:00 まで)
    前期:9 月 16 日~10 月 24 日、後期:10 月 26 日~11 月 26 日 ※展示替え有り
  • 休館日: 10 月 4 日(水)、10 月 25 日(水)、11 月 15 日(水)
    ※上記は本展会期中の休館日です。それ以外の休館情報は、当館HPにてご確認ください。
  • 会 場: 郵政博物館 企画展示場
    (〒131-8139 東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ 9階)
  • 入館料: 大人 300 円、小中高 150 円
    ※10 名以上の団体は、大人 250 円/小中高 100 円
    ※障がい者手帳をお持ちの方と介助の方は無料

郵政博物館誕生115年記念 錦絵-東京浪漫(ろまん)展

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる