グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

夏の風情たっぷり!飲み頃になると朝顔が紫色に変化するヱビスビールのデザイン缶

夏の風情たっぷり!飲み頃になると朝顔が紫色に変化するヱビスビールのデザイン缶

ヱビスビールから定期的に発売されている、冷やすとラベルのデザインが変わるデザイン缶が新たに発表されました。これからの季節にぴったりのデザインになっていますよ。

7月11日(火)から発売される「ヱビスビール<冷やすと変わる>デザイン缶」「ヱビス 華みやび<冷やすと変わる>デザイン缶」では、缶が飲み頃の温度(10℃以下)になると、ラベルに描かれているアサガオが紫色に変化して、飲み頃を教えてくれるんです。

ヱビスビール<冷やすと変わる>デザイン缶

これまで発売されてきた「福ヱビス」や「ヱビスめでたい缶」では白色からピンクに色が変化していましたが、紫色に変化するのは今回が初。淡い紫色がなんとも涼しげで良いですね。

ヱビス 華みやび<冷やすと変わる>デザイン缶

この特別なラベルはヱビスビールとヱビス 華みやびに使用され、共に350ml缶と500ml缶での発売となります。数量限定なのでヱビス派の方はお店で見つけたら即買い必至ですね。夏の雰囲気たっぷりのデザインなのでビール好きの方への暑中見舞いにも良いかもしれません。

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる