観光・地域 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

山伏と一緒に登山!有名パワースポット「秩父・三峯神社」の登拝ご利益ツアー

山伏と一緒に登山!有名パワースポット「秩父・三峯神社」の登拝ご利益ツアー

埼玉県秩父市にある三峯神社は、関東最大のパワースポットと呼ばれ、注目されている人気の高い神社。ここで毎月一日のみ頒布されている「白いお守り」の御利益が話題になっており、メディアにも度々登場しています。

秩父の山奥、標高1,100メートルの高地にある神域である三峯神社へ、現代の山伏とともに登山しながら参拝する日帰り旅「三峯神社の登拝ご利益ツアー!」というツアーがありましたよ。

三峯神社へは、西武秩父駅から三峯神社行き急行バスで約1時間半ほど揺られて到着するのが一般的なアクセス方法。この登拝ツアーでは、バス路線の途中にある「大輪」バス停そばの表参道鳥居が出発地点。山伏を先達に、表参道を法螺の音を耳にしながら、約3.7kmの道のりを登拝します。

大正時代に描かれた地図

健脚な方で約2時間ほどの登山道を、ゆっくりと4時間かけて登ります。杉や、桧の大木の間を通る山道を行く登山コースの道中には吊橋や、禊や水垢離が行われる神聖な「清浄の滝」などの見どころも多く、通常の登山道とは違った信仰の道ならではの趣を感じられます。

遥拝所にて奥宮を遥拝

薬師堂後にて昼食をとり、再び山道を遥拝所へ向けて進みます。遥拝所にて奥宮のある妙法ヶ岳を遥拝した後は、四の鳥居、随身門を抜けて本殿へと向かい、三峯神社の本社参拝がゴールとなります。

本社参拝がゴール

ツアーを先導してくれるのは、日頃、秩父、奥武蔵の霊山を中心に修行している本山は修験の山伏。現代では数少ない、本物の山伏と霊験あらたかな三峯神社を目指すツアーは、いつもの参拝とは違う感慨が得られそう。

着物、草履で三峰神社を目指した江戸時代以前の旅人たちや、山で修行していた山伏たちの面影を感じながら、パワースポット詣でに挑戦してみませんか?

【秩父】現代の山伏がご案内!法螺の音色を聴きながら、有名パワースポット『三峯神社』の登拝ご利益ツアー! | TABICA

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる