ファッション - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

面白い試み!伝統の織物「伊勢木綿」を使用し着物の仕立てを取り入れたTシャツ誕生

面白い試み!伝統の織物「伊勢木綿」を使用し着物の仕立てを取り入れたTシャツ誕生

日本の伝統工芸の織物「伊勢木綿」をご存知でしょうか?着物に興味のある方なら知っている方も多いでしょう。カジュアル着物を楽しんでいる人の中には伊勢木綿で着物を仕立てたという人も少なくないでしょう。

伊勢木綿は江戸時代から250年以上続く綿織り物で、伊勢参宮のみやげに津の街道で名物の一つとして売られたり、江戸から戦前まで日常着として親しまれていました。しかし現在では臼井織布株式会社 一軒でしか作れない貴重な織物となっています。

そんな伊勢木綿をTシャツの生地として使用したアイテムが登場しました。

Tシャツといえば体になじみやすいストレッチの効いた、柔らかくて伸びる素材で作られることが一般的です。

ではなぜSANGOUが発表したTシャツはあえて伸びのない伊勢木綿を採用したのでしょう?それは、前提として長く着る事、そして付き合っていくうちに味が出るような「育っていくTシャツ」を生み出したいという考えから、伊勢木綿を使用するに至ったとのこと。

ボロボロになっても着られる"古着"という概念による「長く着られる」ではなく、一生付き合っていけることを前提に作られたTシャツなんです。

伸びがなくTシャツには向かない織物の性質を見越して、なんとこのTシャツには和装の伝統的な仕様を取り入れているんです。脇の部分には着物の脇のあき部分の「身八つ口(みやつくち)」を大胆に採用し、手の動作が自由になるように工夫がなされています。

ネック部分もUネック、Vネック、ヘンリーネックと好みに合わせてチョイスできるのも嬉しいところ。UネックTシャツには彫昴龍がデザインされたモデルもあります。

カラーは何年着ても飽きのこないキナリで統一され、伊勢木綿の素材感を存分に味わえるTシャツになっています。

伝統的な綿織物をTシャツの生地として100%採用したアイテムというのはなかなか珍しいですが、古くから生活着としての着物の素材として、丈夫さに重視して発展した日本の綿織物ですから、"長く付き合っていける素材"としては折り紙つき。

日本の伝統工芸を生活の中に身近に感じられるファッションアイテムがまたひとつ誕生しましたね。

SANGOU – 伝統工芸織物の10年着れるTシャツ

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる