着物・和服 - ファッション - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

未来行きすぎ!男着物コートに革命を起こす「和次元 滴や」冬コレクションが公開

未来行きすぎ!男着物コートに革命を起こす「和次元 滴や」冬コレクションが公開

新しいコレクションが発表される度にことごとく着物男子たちが胸キュンノックアウトしてしまう、男きものブランド「和次元 滴や」。Japaaanでもこれまでに何度かコレクションを紹介してきました。これまでに紹介したコレクションは以下からどうぞ。
和次元 滴や – Japaaan

そして、きました冬コレクション!「2016 WINTER COLLECTION」と題され、今回も滴やらしさ全開のコレクションになっています。冬コレクションということで今回はマントやコートなどの外套特集になっていますよ。

着物姿で悩ましいのが冬コート。男性の着物用のコートというだけでかなり種類が限られてきちゃうんですよね。あったとしても無難なものが多いんです。「もうちょっと着物で遊んでみたいんだけど…」そんな男たちに滴やのコートはぴったり。

それでは、「和次元 滴や 2016 WINTER COLLECTION」を見ていきましょう。

(左)白いウールの上に蛇革のような斑模様に黒の箔プリントがあしらわれたマント。(右)ファッション雑誌の表紙を象った柄が強烈すぎるスペイン製ゴブラン織のフードローブ!

(左)フェイクファーマント。それにしても毛足の長いこと!通常の倍ほどの職人さんの手間がかかった、一点もののマントです。(右)チェック柄の二重廻しコート。よく見ると表面はふんわりと起毛しており、モヘアとアルパカが使用されています。

(左)滴やといえば!の陣パーカの新作。漆黒に染めた牛革 100%で男らしさを演出してくれます。(右)変幻自在な着こなしができる羽織・和慈羽袖。光沢感のある起毛したグリーンの生地に黒の幾何柄が光沢プリントされています。

(左)横段に刈り込むことで立体的に模様を作ったフェイクファーマント。モーダアクリルという、女性用ウィッグなどに使われている素材が使用されています。(右)表面にナイロンフロッキーという丈夫な植毛加工が施された二重廻しコート。見た目以上にしなやかさと軽さを実現しています。

(左)小袖は幾何学的に紋様が織り込まれていて近未来的な印象も与えます。袴は合わせやすいチェック柄。袴には少しのメタルが織り込まれているそう。(右)どんな着物にも合わせやすそうな二重廻しコート。

(左)フェイクレザーのマント。箔プリントにより皮革らしく見せています。力強く男らしい印象を与えてくれます。(右)小袖はウール素材で怪しげな模様と色味が目を惹きます。袴は左と同じフェイクレザーを使用。

(左)毛糸ほどの太めの羊毛を、ざっくり織り上げたヘリンボン・ツィードの二重廻しコート。とても合わせやすそうな長く楽しめそうなコートです。(右)小袖はネル素材の片身合わせ。シックな色合わせで冬にぴったり。袴は縞柄であたたかくシワにもなりにくい。

いかがだったでしょうか?滴やらしさが発揮された実にセンセーショナルなコレクションではないでしょうか。チェック柄のアイテムはどんな着物にも合わせやすそうで、長く付き合っていけそうなものが多かったのではないでしょうか。

2016年12月21日(水)~2017年1月5日(木)の期間、新宿タカシマヤで期間限定SHOPがオープンするとのことなので、都内近郊にお住いの方は是非足を運んでみてください。

和次元・滴や

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる