アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

あのダルマの絵で有名な「白隠(はくいん)」の展覧会がやってくるぞ!!

あのダルマの絵で有名な「白隠(はくいん)」の展覧会がやってくるぞ!!

この記事は瑠璃色Traditionさんからご寄稿いただきました。

白隠慧鶴(はくいんえかく)って知っていますか?

江戸時代中期の禅画を描いていた禅僧です。彼の名前を知らなくとも彼の描いてきた達磨の絵は一度は見たことがあるでしょう。

彼の描いた作品がこちらです。

一番左の達磨図が一番有名でしょうか。

そんな白隠慧鶴の展覧会が2012年12月22日(土)から2013年2月24日(日)まで、東京渋谷のBunkamuraミュージアムで開催されます。
白隠展 HAKUIN | Bunkamura

白隠は80余年の生涯を民衆教化に捧げ、その手段として大量のユニークな書画を遺しましたが、それらは各地の寺院や個人コレクションを中心に散在しており、一般観客の目に触れる機会はこれまで稀でした。本展では40数カ所の所蔵者から大作を中心に約100点を厳選し、質、量ともに史上最高の白隠展となるでしょう。

現在まで公の場に公開されることがなかなか無かった白隠の作品とのことで、これは楽しみですね。

主な展示作品はこちらで紹介されています。
主な作品紹介 | 白隠展 HAKUIN | Bunkamura

白隠の作品は達磨以外にも、庶民の暮らしに根付いた七福神やお福の絵から、猿や鼠を擬人化して描いた作品まで多岐にわたります。

作品はキャラがたったユニークな作品が多く、白隠を知らなかった人でも彼のワールドに引き込まれる可能性大。

禅画というと宗教絵画という堅苦しいイメージもありますが、白隠のユーモア溢れる作品でそのイメージががらりと変わるかもしれせんよ。

白隠展

・会期
2012年12月22日(土)-2013年2月24日(日)
*1月1日(火・祝)のみ休館

・開館時間
10:00-19:00(入館は18:30まで)
毎週金・土曜日21:00まで(入館は20:30まで)

・会場
Bunkamuraザ・ミュージアム

関連リンク

白隠慧鶴 – Wikipedia

この記事は瑠璃色Traditionさんからご寄稿いただきました。

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる