日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

うぉ〜復活だ〜っ!永谷園のお茶漬けに懐かしの「東海道五拾三次」カードが帰ってきた!

うぉ〜復活だ〜っ!永谷園のお茶漬けに懐かしの「東海道五拾三次」カードが帰ってきた!

お帰りなさい!
あのお楽しみカードが約20年ぶりに帰ってきます!
UPDATE: 実際に買ってみました!

ロングセラー商品の永谷園お茶漬けシリーズ。かつて永谷園のお茶漬けには、おまけとして東海道五拾三次や海外の名画がカードになって入っていました。何が入っているのか楽しみで買ったらすぐ中身をチェックしていたものです。

カードのおまけは昭和40年〜平成9年まで約30年にわたり封入されていました。そんな懐かしのあのカードがついに復活です!おかえりなさい!

%e6%a2%85%e5%b9%b2%e8%8c%b6%e3%81%a5%e3%81%91_%e6%9d%b1%e6%b5%b7%e9%81%93%e4%ba%94%e6%8b%be%e4%b8%89%e6%ac%a1

復活するのは東海道五拾三次カードで、浮世絵師 歌川広重の有名な続きもの「東海道五拾三次」が印刷されています。封入されていた当時を知る人にとっては懐かしさいっぱいでしょう。

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

そしてこのカード封入の復活はキャンペーン期間限定などではなく、なんとなんと継続的な復活なのです。カードを封入した商品は11月から順次発売されます。対象商品は「お茶づけ海苔」「さけ茶づけ」「梅干茶づけ」「わさび茶づけ」「たらこ茶づけ」※インパックの特殊形態商品を含む 。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-10-13-06-55

そもそもなんでお茶漬けにカードが封入されることになったのかというと、1952年に発売した「お茶づけ海苔」は、現在は生産工程の大部分が機械化されていますが、50年程前までは人手をかけて生産を行っており、当時は商品の検査確認の意味で確認印を押した無地の検印紙を封入していました。

その検印紙を有効利用しようと、伝統的・芸術的価値の高い絵画を検印紙に印刷したのが始まりなんだそうです。

今回のカード復活は、近年日本文化が国内外問わず注目が集まっていることを受けて、その日本文化を身近なところから実感してもらえる機会にとの思いが込められています。

%e6%9d%b1%e6%b5%b7%e9%81%93%e4%ba%94%e6%8b%be%e4%b8%89%e6%ac%a1%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%ad%e3%83%a3

カード封入の復活を記念して2016年11月~2019年1月31日の期間、「東海道五拾三次カード」フルセットプレゼントキャンペーンも開催されますよ。

お茶漬け食べよ♪

お茶漬け- 永谷園

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる