雑貨・インテリア - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

この夏は扇子で遊びを!1718年創業の老舗の京扇子が「赤塚不二夫」「進撃の巨人」と衝撃コラボ

この夏は扇子で遊びを!1718年創業の老舗の京扇子が「赤塚不二夫」「進撃の巨人」と衝撃コラボ

累計部数5000万部を突破した大人気漫画「進撃の巨人」、そして「ギャグ漫画の王様」とも称される赤塚不二夫作品。日本のアニメシーンを鮮烈に席巻するこの二大巨頭が、何と1718年創業の老舗「白竹堂」の京扇子とコラボレーションしました。

2016年6月28日(火)から、ヴィレッジヴァンガードオンラインにて発売が開始されています。

「白竹堂」は、享保三年(1718)、「暴れん坊将軍」でお馴染みの江戸幕府第8代将軍 徳川吉宗の時代に創業した京扇子の老舗です。「京扇子」の特徴は、「扇面・扇骨・仕上げ加工、すべて全ての工程を京都・滋賀の職人が仕上げている」こと。「京扇子」の名称は京都扇子団扇商工協同組合が有し、組合員だけしか使用できません。

shop_hakuchikudo
1本の扇子を作るためには、骨作りから地紙づくり、絵付け、組み立てなど約88の工程を経なます。そのほとんどが熟練を要する手仕事です。そのため、各工程に専門の職人さんがおり、腕をふるっています。ここから、京扇子には京都・滋賀の職員さんたちの技術の粋が結集していることが分かるでしょう。

1200年という長い歴史を持ち、各時代の文化や美意識を取り入れてきた「京扇子」。高い技術を持つ「白竹堂」の職人の技が今、新しい感性と出会いました。それが「進撃の巨人」と「赤塚不二夫作品」。

進撃の巨人とのコラボ京扇子は、全4種類。4種類全てモノクロなので、どんな浴衣や洋服にもマッチしそうですよね。丁寧に描き込まれたイラストに、扇ぐのも忘れてついうっとりと見入ってしまいそう。

赤塚不二夫作品とのコラボ京扇子は、全5種類。どアップで描かれた各人気キャラクターに、ほっこりさせられること間違いなし。これを使えば、絶対に街中で話しかけられちゃいます。

全9種類の、京都の老舗「白竹堂」と「進撃の巨人」「赤塚不二夫作品」コラボ京扇子。ぜひこの夏、職人さんの愛のこもった京扇子で楽しく、涼しくなってみませんか?

ヴィレッジヴァンガードオンライン

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる