歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

明治時代に撮影したとみられる沖縄 首里城の古写真が発見される!

明治時代に撮影したとみられる沖縄 首里城の古写真が発見される!

太平洋戦争の沖縄戦で失われた、沖縄県 首里城の建物。そのため首里城の当時の様子がわかる写真資料というものはあまり残っていません。

今回発見されたのは明治時代に撮影したとみられる首里城内部の古写真。旧米沢藩(山形県米沢市)上杉家の所有品から見つかったとのこと。

shurijou

時事ドットコム

旧米沢藩の最後の藩主が明治14年から2年間ほど沖縄県の県令を務めていたため、上杉家に伝わった可能性が高いと見られています。この古写真は明治12年ごろに撮影されたものとみており、琉球王国時代の首里城の姿を残しているそう。

この古写真は上杉博物館にて一般公開される予定となっています。

首里城といえば、太平洋戦争で破壊される前の姿がカラー映像で発見されたニュースが2014年にありましたが、国内外にまだまだ首里城の貴重な資料となる写真や動画は眠っているのでしょうね。

沖縄戦で破壊される前の「首里城」のカラー映像が公開されました!

太平洋戦争末期の沖縄戦で破壊された首里城ですが、破壊される前の首里城の姿が映されたカラー映像が公開されました。公開したのは大分県の市民グループ「豊の国宇佐市塾」。映像はアメリカ国立公文書館から…

via: 戦災前の首里城写真発見=上杉家所有、明治期撮影か-山形

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる