歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

いやいや違いすぎでしょwww 奈良の大仏の髪の毛、定説よりかなり少なく966個→492個だった

いやいや違いすぎでしょwww 奈良の大仏の髪の毛、定説よりかなり少なく966個→492個だった

奈良の大仏として親しまれ世界遺産にも登録されている東大寺 大仏「東大寺盧舎那仏像(とうだいじるしゃなぶつぞう)」。くるくると丸まった髪の毛がとっても印象的ですが、あれは螺髪(らほつ)というもので知恵の象徴となっています。

大仏によって螺髪の数は様々ですが、東大寺の大仏の螺髪の数はこれまで966個とされてきました。この数は平安時代の東大寺要録本願章第一 という書物に記されており、江戸時代や明治時代の文献にも記載されているそう。

しかしこのほど東京大生産技術研究所の研究グループが、レーザー光を使ってのスキャンによって大仏の螺髪の数を解析したところ、なんと966個に遠く及ばない492個(内、9個分は欠けていたそう)であったことが判明しました。この492という数字にはもしかすると意味があるのかもしれませんね。

奈良・東大寺の大仏の毛髪(螺髪〈らほつ〉)が、定説の「966個」ではなく、「492個」だったことがわかった。1千年近く伝えられてきた説を、レーザー光を使った最新技術が覆した。東大寺が近く、ホームページで知らせる。
奈良の大仏、髪の量半分だった レーザー解析で定説覆る:朝日新聞デジタル

450px-Daibutsu_of_Todaiji_4

定説が966個であることから実際に目視で数える人もいたようですが、大仏の後ろには光明をかたどった装飾があるため全ての螺髪を確認することができないでしました。また、「966個という数は明らかに多すぎだろ」と疑問を感じている人たちもいたようです。

東大寺の大仏の螺髪の数が明らかになった今、飛鳥大仏の700個や鎌倉大仏の656個という数も気になってきますね。現時点では飛鳥大仏が螺髪の数では東大寺の大仏を抜いてトップの座についたかたちとなります。

アフロ仏像で人気の五刧思惟阿弥陀如来坐像の螺髪も気になるところ。

仏像ファン要チェック!あの大人気の「アフロ仏像」が今年は特別に長期公開中!

アフロ仏像という人気の仏像を知っているでしょうか?実際には「五刧思惟阿弥陀如来坐像」という名称の阿弥陀如来の仏像なのですが、その強烈なヘアースタイルが話題となりアフロ仏像として親しまれています。…
 

RELATED 関連する記事

 
閉じる