ファッション - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

戦国の心意気を身につける。武将の甲冑をイメージした和のアクセサリー「yoroi」

戦国の心意気を身につける。武将の甲冑をイメージした和のアクセサリー「yoroi」

山梨を代表する和の伝統技術といえば「甲州印伝」。鹿革に漆で模様をつけた400年の歴史を持つ伝統工芸品です。

無題

この甲州印伝の老舗「印傳屋 上原勇七」とアクセサリーブランド「カガヤカ」がコラボレーションして生まれた「yoroi」は、印伝模様”波うろこ”をモチーフに、現代風にアレンジしたシリーズ。

戦国武将の甲冑(武具)や装飾に鹿革が使用されていたという歴史から、現代という戦国を武士と同じく自らの士気や勇を高め“奮い立たせる”身にまとうアクセサリーとして、ブレスレットを中心に展開しています。

モチーフとなっている”波うろこ” は、武士の陣羽織や装束に用いられた魚の鱗をかたどった紋様。鱗は身を守る役割もあることから用いられるようになりました。

00

01

03

「KUMIHIMO Model」は染めから仕上げまで一貫生産にこだわる京都府宇治市の工房「昇苑くみひも」の職人が一本一本丁寧に美しい光沢のあるシルクを紡いで製作する組紐と「波うろこ」を彫金したチャームを組み合わせたラップブレス。
武将がその威厳を示し、甲冑の美しさを引き立てるために施した紐装飾「威毛(おどしげ)」からヒントを得たデザインやカラーは、シックでありながらも華やかで人の目をひきつけます。女性にもぴったり。

04

05
「Katanaシリーズ」は“武士の魂”として精神文化の支柱ともされている「日本刀」をモチーフとしたバングル。内側に印伝紋様を彫金し、裏地など見えない部分に気を使う日本人の美意識を表現しており、そのさりげなさが心をくすぐります。

07

06
そして「Wide plain」は、シンプルな幅広のシルバーバングルの半分に印伝細工を施し、残りのシルバー部分には同じ「波うろこ」文様を丁寧に彫金したシリーズ。印伝を身につける、という楽しみが存分に味わえます。

波うろこの印伝紋様が入った巾着も付属しているので、ギフトにも最適。男女問わないユニセックスデザインはどなたにも喜んでもらえそうです。

kinchaku_DSC_3932_270

戦国ブームの大きな要因には、武将たちの凛々しい生き様への憧れもありそうです。そんな彼らの心意気をお守りとして見につけてみるのはいかがでしょうか。

カガヤカ

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる