日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

ゆるゆるすぎるwww 明治時代に描かれた「地獄絵巻」のキュートすぎる世界観

ゆるゆるすぎるwww 明治時代に描かれた「地獄絵巻」のキュートすぎる世界観

地獄の世界を描いた「地獄絵巻」「地獄草紙」といった作品は数々描かれていますが、今回紹介する地獄絵巻の世界観がどう見てもユルいんです。地獄を描いているのにどこかキュートな鬼と人間の表情がたまりません。

地獄を描いた作品としては12世紀に描かれた地獄草紙がとても有名で、東京国立博物館、奈良国立博物館などに所蔵され国宝となっています。絵のテイストも地獄の惨さが伝わって来る作品です。幕末の絵師 河鍋暁斎の描いた数々の地獄・鬼の作品もとても人気が高いです。

紹介するのは、観象(かんしょう)という人物による写しの地獄絵巻この作品明治初期に描かれた作品で、人間を描く線がすごくひょろひょろで可愛さすら感じます。

こんな面白そうな地獄だったら一度くらい覗いてみたくなっちゃう…かな?

観象(かんしょう)「地獄絵巻」ギャラリーを見る

紹介した明治初期に描かれた地獄絵巻は古典籍総合データベースで公開中です。PDFと画像データで絵巻全体が提供されていますのでぜひチェックしてみてください。

地獄絵巻 – 古典籍総合データベース

 
 

RELATED 関連する記事

 
閉じる