アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

おぉすごい変化!大正時代〜現在のメイクのトレンド変化を資生堂が1名のモデルで再現

おぉすごい変化!大正時代〜現在のメイクのトレンド変化を資生堂が1名のモデルで再現

景気が良くなると明るい色の口紅や太眉が主流となり、景気が悪くなると、眉が細く頼りなげな覚めた表情のメーキャップが流行するそうです。

日本の女性の化粧とともに歩んできた資生堂が、東京オリンピックが開催される2020年の未来のメイクを予測しました。キーワードは「ジャパンカラー」と「スポーティーポップ」。

ジャパンカラーでは、日本の化粧の三原色「赤」「白」「黒」を基調としたメーキャップ。日本女性の凛とした美しさが表現されています。
17101253_4920

スポーティーポップは、ブルーのアイラインとオレンジのつやつやリップで軽やかに。爽やかで健康的な美しさが引き出されています。
17101254_9801

どちらも和装メイクを彷彿とさせる、独創的できりりとしたアイライン。

資生堂のサイトでは、予想メイクに加えさらに1920年から現在に至るまでの化粧の変遷を1名のモデルで再現。日本女性のメイク史の一部をご紹介します。

【1920年代/大正ロマンのモダンガール】
05162921_4103-200x300

【1960年代/欧米志向真っ盛り 西洋人形風】17102942_9506-e1418779826970

【1970年代後期/欧米志向を脱却 日本美を見直し】17111723_9630-e1418783522916伝説のモデル、山口小夜子さんのようです。

【1980年代後期~1990年代初期/バブル期のワンレン・ボディ・コン にわかお嬢様】17112122_2887-e1418783654921

【1990年代後期~2000年代初期/ミレニアムのヒカル クールビューティー】17112145_9837-e1418783829998

【2010年代中期/にわか好景気の バブルリバイバル】
17135934_5497-e1418792448618

いかがでしたか。同じモデルさんに見えないものもあります。メイクの力ってほんとスゴイですよね!!

最近は口元に色が戻り、太眉の傾向が続いていることから好景気への期待が化粧に現れてきているようです。2020年の予想メイクは、やや細めながらも意思の強そうな眉。オリンピックイヤーはどんな未来になっているのでしょうか。

2020年 未来のメーキャップを大胆予測! | 鈴木 節子 | INFORMATION | HAIR&MAKE UP ARTIST SHISEIDO BEAUTY CREATION RESEARCH CENTER | 資生堂グループ企業情報サイト

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる