歴史・文化 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

チームラボ製作!松竹映画の冒頭で流れる新オープニングロゴがカッコイイぞ!

チームラボ製作!松竹映画の冒頭で流れる新オープニングロゴがカッコイイぞ!

映画の冒頭で流れるオープニングロゴ。流れるといよいよ始まるぞ!と胸が高鳴る思いがしますが、松竹の新しいオープニングロゴが発表されていましたよ。

製作はチームラボ!こちらがその新しいオープニングロゴです。

チームラボの今までの作品でも見られたあの独特な3D空間の中に富士山が浮かび上がります。墨汁を散らしたかのような始まり方もすごくかっこいいですよね。

映画本編前に流れるオープニングロゴは、「継承」と「発展」を表現をするために、松竹映画の伝統ある富士山を、デジタル上の3次元空間に立体的に構築し、チームラボが長年取り組んできた古来の日本の空間認識の論理構造によって伝統的な日本美術の平面にすることで映像にしています。

また、本編用とは別に若手のチャレンジ企画作品用にブルーラインと呼ばれるタイプも公開されています。こちらは本編用のオープニングロゴの表面を剥がして構造をむき出しにして描かれたそう。

チームラボの作品はJapaaanでよく紹介させてもらっていますが、最近紹介したところではこのような作品がありました。
[映像]チームラボの超主観空間を表現した日本の伝統美「紅白梅図」に息をのむ

松竹オープニングロゴ | チームラボ/teamLab

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる