歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

昭和天皇役は本木雅弘。終戦前日からの24時間を描いた「日本のいちばん長い日」が映画化!

昭和天皇役は本木雅弘。終戦前日からの24時間を描いた「日本のいちばん長い日」が映画化!

終戦前日からの24時間の日本を再現したノンフィクション書籍「日本のいちばん長い日(半藤一利)」が、2015年8月に映画として公開されることになりました。

日本のいちばん長い日とは昭和天皇や閣僚たちが御前会議で降伏を決定した1945年8月14日から玉音放送を知らせる8月15日までの24時間のこと。

主演は阿南惟幾 陸軍大臣役の役所広司。そして本木雅弘が昭和天皇役、内閣書記官長 迫水久常役に堤真一、内閣総理大臣 鈴木貫太郎役の山崎努と実力派俳優がずらりと並ぶ、来年注目の作品となりそうです。監督は原田眞人となっています。

日本のいちばん長い日は1967年にも同タイトルで岡本喜八監督によって映画化されていますが、今回の作品には半藤一利の書籍「聖断 天皇と鈴木貫太郎」の内容も盛り込まれているとのこと。

1967年に公開された作品は様々なレビューでもとても評判の良い作品のようなので、来年の公開前に一度見てみてもいいかもしれません。1967年当時の世相の違いはもちろんのこと、監督や俳優の違いでどのように描かれ方が変わるのでしょうか。

(C)2015「日本のいちばん長い日」製作委員会

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる