日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

江戸時代に描かれた天体図(宇宙・星座)のデザインが実に趣があって興味深い

江戸時代に描かれた天体図(宇宙・星座)のデザインが実に趣があって興味深い

1795年(寛政7年)に天体や暦の研究を行う天文方をしていた馬道良という人が描いたものだそうです。

「天球十二宮象配賦二十八宿図説」

ぼかし方が日本画を思わせますが、どこか西洋画の雰囲気もありますね。天体図ということで西洋から伝えられた情報もふんだんに盛り込まれているでしょうから、こういったタッチになったのでしょうか。

tentaiクリックで拡大

tentai1

tentai3

tentai2

国立国会図書館デジタルコレクション – 天球十二宮象配賦二十八宿図説

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる