歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

勝負運祈願ならここ!江戸時代からギャンブラーに大人気の神社が存在する!

勝負運祈願ならここ!江戸時代からギャンブラーに大人気の神社が存在する!

その神社とは、長野県下條村にある「入登山神社」

記録では、なんと江戸時代から、農業の山の神として人々の信仰を集め、勝負の神様としても有名だったそうです。祭日は博打祭と呼ばれ、静岡、愛知、岐阜県などからも大勢の博打うちが集まったとか・・・

主神は山の神様である大山祇命(おおやまずみのみこと)。農業の神でもあります。登山等の安全も守ってくれる神様でもあり、社名「入登山」の由縁となっています。

そして主神の他に配祀されているのが、勝運の神様である建御名方命(たてみなかたのみこと)お諏訪様。スポーツなどの勝負事の勝運にも恵まれます。

さらにさらに、近代になってわかった衝撃の事実。なんとこの神社の標高は、777メートル!

入登山神社
そう、スリーセブンなのです!さすが、勝負の神様です。

それからは、全国からギャンブラー?が必勝祈願で訪れるようになりました。もちろん、喜びの声もたくさん届いており、宝くじ・パチンコ・競馬・試合・試験などなど、さまざまな勝負事にご利益があるそうです。

入登山神社

そして入登山神社に行ったら、必ず手に入れてほしいのが、「勝守」というお守り。天狗と炎があしらわれており、まさに勝てそうな気分にしてくれます。

ただし、いつでも神社社務の方がいらっしゃる訳ではないので、確認が必要です。
お問い合せ TEL:0260-27-2570 (入登山神社社務所)

余談ですが、峰竜太さんと海老名みどりさん、ここで結婚式あげてます。

入登山神社 標高777m 勝守

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる