歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

大相撲で場内がスーパー盛り上がる「金星(きんぼし)」は、白星と何が違う?

大相撲で場内がスーパー盛り上がる「金星(きんぼし)」は、白星と何が違う?

一度の金星で、引退するまで給金アップ!

この金星というのは、単に名誉なだけではありません。力士が手にする報酬にも大きく影響してくるのだそうです。

力士は月給制で、地位に応じた額を毎月受け取っています。この基本給に加えて、地位やこれまでの成果に応じた各種手当てが褒賞金として場所ごとに支給されます。

金星を獲得した場合は、ひとつにつき一年間で約24万円ほどの手当てが褒賞金に上乗せされるようです。またこの給金アップは関取でいる限り、引退するまで続きます。

我が身に置き換えてみると、年収24万円アップはかなり大きいですよね!

金星ひとつにつき約24万円ということですから、5つ金星を獲得できれば120万円もの額になります。幕下時代の年収は100万円に満たないとも言われますから、これはたいへん夢のあるお話です。

出典:日本相撲協会公式twitter(@sumokyokai

しかし力士たちはたとえ金星を取ったとしても土俵で浮かれたり小躍りするようなことは決してなく、粛々と頭を下げ土俵を後にします。この品格ある振る舞いがかっこいいですよね。

私たち観客も力士を見習い、座布団を投げ込みたい思いはぐっとこらえて、大きな拍手と歓声を送りましょう。

金星を獲得できるほどに成長するのは並大抵のことではありません。日々血の滲むような稽古に耐えているおすもうさんたちを、いつまでも応援しています!

 

RELATED 関連する記事