歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

燻し責め、くすぐり責め…江戸時代の遊郭で遊女たちに行っていたキツいお仕置き!?

燻し責め、くすぐり責め…江戸時代の遊郭で遊女たちに行っていたキツいお仕置き!?

江戸時代、男の欲望を叶える場所といえば遊郭。しかし女にとっては過酷な場所であるのはご存知の通りです。

ときには脱走して捕まることもあった遊女たち。脱走が成功すればいいのですが、連れ戻された遊女は罰を受けることに。

しかし罰といっても遊女は体に商品価値がありますので、傷をつける行為は避けられていました。そんな遊女たちに対して行われていた罰が、「くすぐり責め」に「燻し責め」などです。今回は、遊郭での仕置き方法についてご紹介いたします。

「燻し責め」とは?

「燻し責め」とは、手足を拘束して身動きできない遊女の前で、植物を燻してウチワで煙を向けていく方法です。決して火で焼いたりするのではなく、あくまで燻して責め続けていきます。

この燻される植物に「唐辛子」や「ニラ」が使われることもあったので、刺激が強くてたまらなかったでしょうね。目や鼻、口に煙が容赦なく入り込み、煙によって呼吸困難に陥ったり痛みを感じたりして苦しみます。

しかし「燻し責め」は遊女の体に傷をつけないので、遊郭ではよく行われていたとか。この「燻し責め」の他には、「くすぐり責め」という方法があります。

2ページ目 「くすぐり責め」とは?

 

RELATED 関連する記事