観光・地域 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

まるで薄紫のカーテン!藤の花の季節が到来、都内の藤の名所「亀戸天神社」

まるで薄紫のカーテン!藤の花の季節が到来、都内の藤の名所「亀戸天神社」

神社内を彩る藤の花

4月の下旬頃になると、この神社の境内一面にはライラック色の藤の花が一斉に咲き始めます。その数は、何と15棚・100株にも上ります。

亀戸天神社の藤の花

その光景は、まるで一面に薄紫のすだれか、カーテンがかかっているように見えます。紫の藤が池に映る風景と、そこにじっと佇む鳥などを見ると、ここが「東京一の藤の名所」と呼ばれているのも思わず納得です。

この神社の藤は、江戸時代から「亀戸の五尺藤」「亀戸の藤浪」などと呼ばれ、5代将軍綱吉公や8代将軍吉宗公も見物に訪れたと伝わる、由緒正しい藤なのです。

毎年4月21日〜5月6日の「藤まつり」の期間には、日没から午前0時までの間、藤のライトアップもされます。夕方〜夜の「夜桜」ならぬ「夜藤」の美しさも、昼間の藤とはまた違って格別でしょう。

藤の他にも、「梅まつり」「菊まつり」など、亀戸天神社では季節の花にちなんだイベントが行われています。

美しい花に心癒されると同時に、悲劇の運命を辿った道真公に、思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

亀戸天神社 公式ホームページ

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる