日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

41年ぶり国宝が集結!その名も展覧会「国宝」京都国立博物館の開館120周年で開催

41年ぶり国宝が集結!その名も展覧会「国宝」京都国立博物館の開館120周年で開催

来年2017年は、日本の法令上「国宝」の語が初めて使われた「古社寺保存法」制定から120年目。「帝国京都博物館」として開館した京都の京都国立博物館も同じく、来年は開館120周年を迎えます。

その開館120周年を記念して、ズバッと真ん中ど直球なタイトルの展覧会が開催されます。それは特別展覧会「国宝」!説明はいらない…日本の国宝が一堂に会する記念展なのです。

kokuho

京都国立博物館が国宝展を開催するのは1976年に「日本国宝展」を開催して以来実に41年ぶり。開館120周年にふさわしい国宝展では絵画・書跡・彫刻・工芸・考古の各分野から国宝が何と約200件が展示されます。200件もの国宝を一度に観覧できる機会はそうそうあるものではありません。

国宝 桜図壁貼付 長谷川久蔵筆 智積院(京都) [公式ページより]

国宝 桜図壁貼付 長谷川久蔵筆 智積院(京都) [公式ページより]

各分野から国宝が集結することで、普段は絵画にしか興味がない人も、普段は陶芸にしか興味がない人も、別ジャンルの国宝を一緒に観覧することで、今後のアート鑑賞の楽しみの幅を広げられるチャンスでもあります。なんせ右見ても左見ても全部国宝なんですから。別ジャンルのアートに興味を持つきっかけ作りのためにも、国宝展如何でしょう。

国宝 松林図屏風(左隻) 長谷川等伯筆 東京国立博物館 [公式ページより]

国宝 松林図屏風(左隻) 長谷川等伯筆 東京国立博物館
[公式ページより]

開館120周年記念 特別展覧会「国宝」は2017年10月3日(火)~ 11月26日(日)の期間、京都国立博物館 平成知新館で開催されます。

 
 

RELATED 関連する記事

 
閉じる