日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

見逃せないガチンコ対決!歌川国芳&国貞揃っては初の大規模展「俺たちの国芳 わたしの国貞」開催

見逃せないガチンコ対決!歌川国芳&国貞揃っては初の大規模展「俺たちの国芳 わたしの国貞」開催

浮世絵のツートップが渋谷でマッチアップだ!!

ボストン美術館の14,000枚を超える浮世絵コレクションの中から、歌川国芳と歌川国貞の作品を厳選して紹介する「俺たちの国芳 わたしの国貞」展が、渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催されます。

本展は初の大規模な国芳・国貞展となります。ボストン美術館の規定により、一度貸し出されると5年間は非公開となるため、この機会は見逃せません。

img_highlight_01

今回の展示では幕末の歌川派の人気浮世絵師、国芳と国貞の兄弟弟子による名品を同じテーマで比較展示することで、対照的な作風を際立たせます。

豪快な武者絵と大胆な構図が魅力の国芳と、粋な美人画や緻密な表現で一世を風靡した国貞。テレビやグラビア雑誌がない江戸時代でファンを熱狂させた絵師2人は、江戸の「俺たち」「わたし」が見ていた世界を現代に蘇らせます。

pic1

本展の見どころは浮世絵作品だけじゃありません。展示の各章のタイトルには現代的なルビをふられ、「髑髏彫物伊達男」には「スカル&タトゥー・クールガイ」、「今様江戸女子姿」に「エドガールズ・コレクション」などなど。一気にポップ感が急上昇するユニークなルビも見どころの一つです。

SS 2016-01-08 14.47.27

究極の江戸ポップカルチャーとしての浮世絵の魅力がいっぱいの展覧会。これは要チェックですよ。

ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞

会期:2016/3/19(土)~6/5(日)※会期中無休
開館時間:10:00~19:00(入館は18:30まで)毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
観覧料:一般¥1,500(¥1,300) 大学・高校生¥1,000(¥800) 中・小学生¥700(¥500)

公式サイト ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞 (くにくに)|日本テレビ

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる