日本文化と今をつなぐ。Japaaan

これは耐えられない…江戸時代の僧侶の追放の様子が羞恥プレイ過ぎる…。

これは耐えられない…江戸時代の僧侶の追放の様子が羞恥プレイ過ぎる…。

@
2015/01/27

江戸時代の寺法による僧侶の追放のようすなんだそうですが、これは耐えられない…。まさに羞恥プレイ。

これは、どういう意味がありこのようなスタイルに収まっているのかが気になるところ。傘を背負わされて魚を咥えるあたり、辱めをあたえるというよりももう少し深い理由がありそうです。

コメントによると

褌=衣、魚=食、傘=住、と最低限のモノは与えたから見殺しにしたわけではないという、今でいう「人道的な」配慮をしたという体裁づくりと、僧侶にあるまじき姿を晒し者にして追放の事実を近隣に広める周知徹底との意味合いがありそうです。
oekakimaestro@野外理科実験さん

というとてもありそうなコメントもありました。または、

推測ですが。殺生を禁じる僧にとって、魚を銜えさせられるのは罪びととしての晒しであるのかもしれません。
まえだヒソカ☆MADでいいやん♪さん

といった推測も。

この刑を受けた僧侶はそれ相応の過ちを犯してしまったことは間違いないでしょう。

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる