アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

加賀友禅のパンツ!?「YUZEN UNISEX Underwear」展が石川県立伝統産業工芸館で開催中

加賀友禅のパンツ!?「YUZEN UNISEX Underwear」展が石川県立伝統産業工芸館で開催中

加賀友禅といえば和服の印象が強いですが、高めの敷居を軽々と飛び越えてアンダーウェアができました。

石川県立伝統産業工芸館で6月3日から「YUZEN UNISEX Underwear|ユウゼン ユニセックス アンダーウエア」展が始まっています。制作したのは加賀友禅作家の下村利明さん。

同館の柳井篤子さんが「10~20代の人にもアピールできる、日常に加賀友禅を取り入れるアイテム」の制作を下村さんに打診し、3カ月の制作期間を経て計30点の男女兼用の下着兼部屋着が完成しました。

pants
通常の加賀友禅は絹でできていますが、このアンダーウェア、紫外線を防ぎ、消臭効果、吸湿性などという和紙の特徴を持ち、耐久性が高いため洗濯も可能な和紙糸で織られた生地でできています。

制作には和紙100%の薄手の生地と、程よい厚みがある和紙55%、綿45%の混紡が主に用いられました。全ての図柄は1枚ずつ手描き、伝統的な制作技法で制作されていますが、素材に加えて展示方法、柄も斬新です。

加賀友禅らしい小花はもちろんのこと、パフェや恐竜、バイクなど遊び心を感じるものも多く制作され、天井から伸びた手がポップな柄が描かれたパンツを持っています。

スクリーンショット 2014-06-09 15.16.23

6月28日、7月19日には下村さんによるワークショップ「本格加賀友禅に挑戦」が開かれるほか、展示最終日の7月29日に実際に作品を着用してコレクション・ショーを行う予定。

現在、ショーに出演するモデルを一般公募しているそうです。デザインだけでなく機能も優れた加賀友禅のアンダーウェア、展示終了後は1枚2万円(税別)で販売されますよ。

開館時間は9時~17時(最終日は15時まで)。第3木曜休館。入場料は1階のみ無料です。

金沢で加賀友禅の「ユニセックスアンダーウエア」展-友禅作家が新たな挑戦 – 金沢経済新聞.

加賀友禅アンダーウエア展をパノラマで体験

石川県立伝統産業工芸館 | 現代のくらしに生きる伝統工芸品ー伝統の美・技・心ー

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる