歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

恥ずかしくて堂々と歩けない!屈辱的すぎる江戸時代の入れ墨刑、一挙大公開!

恥ずかしくて堂々と歩けない!屈辱的すぎる江戸時代の入れ墨刑、一挙大公開!

おでこに「×」や「犬」の字!屈辱的すぎる…

しかし、腕への入墨なんてまだ序の口です。なんたって袖で隠せますから、なんとか第2の人生をやり直す事もできるでしょう。ところが、「これはどうしようもないな」と思わざるを得ないのが、いくつかの地方で行われていた額への入墨です。キン肉マンのようにかっこよければいいのですが、これは別物。

阿波では肘下に三本線に合わせ、額にも三本線が引かれました。鏡を見るたびに「げーっ、なにこれかっこわるいよう」と泣きたくなりそうです。

肥前では、さらに分かりやすく額に「×」印を彫り入れました。

左・阿波の入墨、右・肥前の入墨

出典:徳川禁令考後聚(第四帙)

最も瞠目すべきは、芸州広島。こちらはなんと、犯罪を重ねるごとに入墨が進化する方式。どういう事かというと、1度目には「一」、2度目にはカタカナの「ナ」、3度目にはとうとう「犬」の字にしてしまうという、なんとも屈辱的な入墨刑だったのです。

芸州広島の入墨

出典:徳川禁令考後聚(第四帙)(矢印加筆/筆者)

「ナ」まで行ってしまったらもう「犬」までコンプリートした方が・・・というのは冗談ですが、「肉」ならぬ「犬」文字を額に刻まれた強者は何人いたのでしょうか・・・。

トップ画像:出典 徳川禁令考後聚(第四帙)国会図書館蔵 合成加工/筆者

 

RELATED 関連する記事