日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

江戸の粋な花火!浮世絵に書かれた花火まとめ

江戸の粋な花火!浮世絵に書かれた花火まとめ

もうすぐ夏本番。店頭にも花火が並び始めました。

日本に花火がいつから存在していたのか、現在でも定かではないそうですが、最古の記録として室町時代のものが残っているそうです。

夏の風物詩として、庶民の間で楽しまれるようになったのは、江戸時代。その様子が描かれた浮世絵をまとめてみました。

ryougoku_hanabi_13

≪名所江戸百景 両国花火≫歌川広重

現代のような華やかな円形の花火とは違い、一本線で描かれた花火。しかし、その技術の進歩は浮世絵によって知ることが出来ます。

ryougoku_hanabi_0

≪江戸自慢三十六興 両こく花火≫歌川豊国、歌川広重

ryougoku_hanabi_3

 ≪東都名所之内 両国花火≫歌川広重

近づいてくる様は、まるで隕石!?

ryougoku_hanabi_8

≪両国夕納涼之図≫歌川国貞

ryougoku_hanabi_1

 

ryougoku_hanabi_4

≪両国花火之図≫歌川豊国

こちらは、両国の花火大会の様子。今にも「玉屋」「鍵屋」という花火見物の掛け声が聞こえてきそうです。この「玉屋」「鍵屋」というのは、共に花火師の名前で、玉屋は鍵屋から分家した家でした。鍵屋の六代目弥兵衛が、両国の川開き花火を担当したことで有名になりました。

人で埋め尽くされているこの橋は、両国橋。実はこの橋を境目として、上流を「玉屋」、下流を「鍵屋」が受け持ち、両国の川開き花火を打ち上げたとか。大勢の人で賑わうのは、毎年の恒例になっていたようで。

ryougoku_hanabi_10

≪東都両国夕涼之図≫歌川貞房

ryougoku_hanabi_12

 ≪東都両国橋 川開き繁栄図≫歌川豊国

川に船を浮かべ花火を眺めることが出来たのは、裕福な武家や町民のみ。川遊びは贅沢な遊びだった為、庶民は川岸や橋から夜空を見上げていました。

現代の花火は色鮮やかで、形も様々。団扇片手に、夏の夜空を彩る花火を見て「玉屋」「鍵屋」と叫びたくなるのは、今も昔も変わらないのかもしれません。

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる