歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

ちーがーうーだーろー!2017年度の新語・流行語大賞のノミネート語が発表!

ちーがーうーだーろー!2017年度の新語・流行語大賞のノミネート語が発表!

毎年恒例、ユーキャンが年末に開催している「ユーキャン新語・流行語大賞」。2017年度のノミネート語30語が発表されました。

毎年、ノミネートされる言葉は政治経済から芸能、スポーツまで、とても幅広い分野から選出されますが、2017年度のノミネート語も同様にバラエティ豊かな言葉が並びます。

中には「これ、流行したっていうの?」というツッコミたくなる言葉もありますが、そこらへんのユルさがまた面白かったりします。ちなみにノミネート語は、自由国民社および大賞事務局が選出しており、選考委員会は、姜尚中(東京大学名誉教授)、俵万智(歌人)、室井滋(女優・エッセイスト)、やくみつる(漫画家)、清水均(『現代用語の基礎知識』編集部長)で構成されています。

それでは、2017年度のノミネート語をどうぞ。

  • アウフヘーベン
  • インスタ映え
  • うつヌケ
  • うんこ漢字ドリル
  • 炎上○○
  • AIスピーカー
  • 9.98(10秒の壁)
  • 共謀罪
  • GINZA SIX
  • 空前絶後の
  • けものフレンズ
  • 35億
  • Jアラート
  • 人生100年時代
  • 睡眠負債
  • 線状降水帯
  • 忖度(そんたく)
  • ちーがーうーだーろー!
  • 刀剣乱舞
  • 働き方改革
  • ハンドスピナー
  • ひふみん
  • フェイクニュース
  • 藤井フィーバー
  • プレミアムフライデー
  • ポスト真実
  • 魔の2回生
  • 〇〇ファースト
  • ユーチューバー
  • ワンオペ育児

いかがでしたか?どこでどのように使われていた言葉だったか把握できる2017年度のノミネート語はいくつぐらいあったでしょうか?

「2017年ユーキャン新語・流行語大賞」トップテンならびに年間大賞は、12月1日(金)午後5時に発表されます。

 

新語・流行語大賞

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる