雑貨・インテリア - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

フォントが押し寄せる!デザイナー力が試されるマニアックすぎる「フォントかるた」

フォントが押し寄せる!デザイナー力が試されるマニアックすぎる「フォントかるた」

フォントの海に溺れたい…。

デザイナーなら一度はチャレンジしてみたい!そんなかるたが登場しました。今回紹介するのは、多種多様な48種類のフォントがかるたの札に書かれた「フォントかるた」。一般の人には難易度の高い…いや、まったくもって手も足も出ないであろうかるたの誕生です。

フォントが押し寄せる!デザイナーさんはチャレンジのし甲斐が大いにありますね!

「かるた」といえば、日本では「いろはかるた」や「百人一首」が一般的に認知されているかと思います。ちなみにいろはかるたは江戸・京・大阪とで内容が異なるんです。

時代と共に変化。「いろはかるた」は江戸・京・大阪とで内容が異なる3種類

ロングセラーの「いろはかるた」は3種類お正月の伝統的な遊びの定番と言えば、「かるた取り」。近年では、動物やマンガ・アニメのキャラクターが描かれたものや、子供が楽しみながら様々な知識を身に付…

最近では子供の教育のために様々な知識が身につく「知育かるた」も発売されていますが、「フォントかるた」はまさにデザイナー能力が試されるかるた。

実にマニアックなフォントかるたの遊び方は、一般的なかるたのように読み手がフォント名を読み上げ、そのフォントが印字された札を取り合う形で進めます。また、「読み札用ケース」を組み立てることで読み手がいなくても遊べるような配慮がなされているパッケージも嬉しい。

フォントかるたに印字された48種のフォントはこちら。まるで暗号のようなこの一覧を見た時点で普通の人は意味不明であることは間違いありません(笑

フォントマニアの方は必携のフォントかるたはオンラインでも購入可能となっています。
フォントかるた

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる