日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

上村松園きたー!本日18日放送 美の巨人たちは、男社会に挑んだ女流画家・上村松園を特集

上村松園きたー!本日18日放送 美の巨人たちは、男社会に挑んだ女流画家・上村松園を特集

毎週土曜日22時からテレビ東京系列で放送中のアート番組「美の巨人たち」。この番組では浮世絵や日本画の絵師が取り上げられることが頻繁にあり、Jpaaan読者の中にもお気に入り番組にしている人も多いでしょう。

究極の美人画!着物の美人女性を描き続け、絵を描くために生き続けた日本画家「上村松園」

上村 松園(うえむら しょうえん)という日本画家を知っていますか?絵画に興味のある方であればその名前を聞いたことがある人は多いかと思います。私も名前は聞いたことはありましたが作品自体を拝見したことは今…

これは貴重な写真!男尊女卑の時代を生きた女性日本画家「上村松園」の代表作の制作風景

※2016/8/2 追記: 上村 松園の写真を新たに3枚追加しました。上村 松園(うえむら しょうえん)は明治時代〜昭和時代に活躍した日本画家で、女性として初めて文化勲章を受賞した画家です。…

本日2月18日(土)は美人画の大家・上村松園が特集されますよ。上村松園はこれまでJapaaanでも何度か紹介させていただいている大人気の日本画家。

明治〜昭和時代にかけて活躍した画家ですが、男尊女卑の強い時代であったため、男性画家たちからは「女のくせに」と嫉妬の対象になっていたと言います。そんな時代においても数々の名作を世に送り出した素敵な画家です。

上品で気高い女性や、時には悲しみに満ちた表情を浮かべる女性など様々な女性の姿を描いた上村松園。本日の「美の巨人たち」では、雪の中で商家の娘と侍女が傘をさして歩く場面を描いた傑作「牡丹雪」が取り上げられます。

番組HPより

実はこの牡丹雪という作品は、太平洋戦争末期の昭和19年に日本軍へ献納するために描かれた作品なのだとか。なぜ軍に収める作品をこのような場面のものにしたのか、戦時中の中で伝えようとしたメッセージを探る内容になるようです。

作品の左下に二人の女性を配置した場面の切り取り方もとても独特ですが、注目は着物、和傘、かんざしなどのアイテムなのだそう。

上村松園「牡丹雪」 からどのようなメッセージが読み取れるのか、「美の巨人たち」は本日2月18日(土)22時からテレビ東京で放送。BS JAPANでも後日、放送予定です。

KIRIN~美の巨人たち~

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる