日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

葛飾北斎の"幻の巨大絵"の復元プロジェクトの様子がNHKで放送されます

葛飾北斎の"幻の巨大絵"の復元プロジェクトの様子がNHKで放送されます

関東大震災で焼失した葛飾北斎の幻の巨大絵を知っていますか?

北斎は今も昔も浮世絵界のヒーローとして人気ですが、当時としてはかなりの長寿である90歳まで生きたことでも知られています。そんな北斎が86歳の頃に描いたのが幻の巨大絵「須佐之男命厄神退治之図(すさのおのみことやくじんたいじのず)」です。

31808ae38e51ca200c6f8c688786b8d9_ll

作品は幅3メートルにもなる超大作。須佐之男命(すさのおのみこと)が十数名の疫病神を退治する様子が描かれています。作品は向島の牛嶋神社に奉納されましたが、関東大震災の時に焼失してしまいました。このモノクロ写真は明治時代に撮影されたもので、どんな彩色がなされていたのかは確認できませんが、この本作を原寸大で復元するプロジェクトが進んでいました。

そのプロジェクトを追った番組『ロスト北斎 The Lost Hokusai「幻の巨大絵に挑む男たち」』がNHK総合で放送されます。

top

プロジェクトは明日11月22日(火)に開館する「すみだ北斎美術館」が始動したもので、写真の明暗差の解析から当初の色を導き出すなど、最新技術を駆使したり、絵画修復の専門家が北斎の筆使いを分析するなどし、復元が行われました。

番組内ではプロジェクトに携わる人たちを追うほか、なぜ北斎はこの巨大絵を描いたのか?や、江戸社会の実像などを解き明かしていく内容となっています。

復元された「須佐之男命厄神退治之図」はすみだ北斎美術館の常設展示作品として展示されるので、この番組で復元に携わる技術者の仕事を合わせて観ておくと色々な観点から作品を楽しめるのではないでしょうか。2016年11月22日(火)~12月11日(日)の期間には「RYOGOKU&TOKYO 両国トリップ“江戸&北斎”キャンペーン」が開催されるのでこの期間に合わせて観にいってもいいですね。

ロスト北斎 The Lost Hokusai「幻の巨大絵に挑む男たち」は11月23日(水・祝)の午後10時から、NHK総合で放送されます。再放送は11月30日(水)午前1時から、同じくNHK総合で放送。

ロスト北斎 The Lost Hokusai 「幻の巨大絵に挑む男たち」 – NHK

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる