日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

ゆるカワ炸裂だ〜!葛飾北斎に真似された男、北尾政美の「鳥獣略画式」の可愛さよ!

ゆるカワ炸裂だ〜!葛飾北斎に真似された男、北尾政美の「鳥獣略画式」の可愛さよ!

北尾政美という人物を知っている方はどれだけいるでしょうか?私もつい数日前に知ったばかりなのですが、江戸時代中期の浮世絵師です。

北尾重政に師事したのちに浮世絵師として活動をし、寛政6年には鍬形蕙斎(くわがたけいさい)と称し狩野派 狩野惟信に師事することとなります。後に今回紹介する作品「鳥獣略画式」を手がけました。ですので北尾政美の作品というよりは鍬形蕙斎の作品と言ったほうが正しいですね。

北尾政美は現在ではなかなか聞かない絵師ですが、当時は葛飾北斎と同時期に活躍し評価されていた絵師の一人です。

北尾政美の作品にはなかなか興味深いエピソードがあり、そのエピソードとは彼の描いた略画式シリーズ(鳥獣略画式のほかに人物略画式や山水略画式などあり)の作風を葛飾北斎が真似したというもの。しかも北斎が真似をし発刊した作品とは、現在でも人気の高い北斎漫画というから驚きです。

北尾政美の略画式は北斎以外の絵師にも影響をあたえ、のちには彼の作品をそのまま写した作品なども確認されているほど。

葛飾北斎までもが影響を受けた鍬形蕙斎の作品のなかでも特にゆるカワテイストあふれる可愛さで印象深い「鳥獣略画式」を紹介します。動物や海洋生物、昆虫などがシンプルな線でとっても可愛らしく描かれた絵手本。北斎漫画が好きな方は絶対に気にいると思いますよ。

「立命館大学アート・リサーチセンター(略称 ARC)所蔵(提供)」Ebi1393

 

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる