日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

大人も泣くレベルwww 幕末の絵師 河鍋暁斎が描いた妖怪図が常軌を逸しすぎる!

大人も泣くレベルwww 幕末の絵師 河鍋暁斎が描いた妖怪図が常軌を逸しすぎる!

Japaaanでは何度も紹介している幕末の絵師 河鍋暁斎。河鍋暁斎の妖怪作品をこれまでにもなんどか触れていますが、ユーモア溢れる作品であったり狂気を感じさせる作品であったり様々。

そして今回紹介する作品は常軌を逸した長すぎる、とにかく長すぎる作品。何が長いのかは見ていただければわかります。とにかく長いわけです。

kyosai2

鼻が長い・・・

これはまだまだ序の口。

kyosai3

足が長い・・・

やばくなってきた。。。

kyosai4

耳たぶ長い・・・首長い

やばい。。河鍋暁斎の狂気が漏れてきた。

kyosai1

頭が長い・・・

腕も長い、足も長い。

長すぎる河鍋暁斎でした。

そのほかの河鍋暁斎の作品はこちらからどうぞ。
鳥獣戯画に通じる可愛さ!河鍋暁斎が描く昆虫やカエルの日本画がおもしろい!
ホントに幕末の絵?漫画すぎる!河鍋暁斎が描いた妖怪・鬼の行進「百鬼夜行」が素晴らしい!

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる