ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

伝統の抄紙技術に育まれた、感謝を伝えるトイレットペーパー『ありがとうトイパ』

伝統の抄紙技術に育まれた、感謝を伝えるトイレットペーパー『ありがとうトイパ』

土佐の和紙1000年の歴史に育まれた伝統の抄紙技術、そして仁淀川の豊富な水から生まれた、柔らかいのに丈夫で破れにくい、上質なる逸品・・・。

と聞いて、あなたはどんな和紙製品を思い浮かべるでしょうか。「柔らかいのに丈夫で破れにくい」ですから、レターセットとかにはちょっと不向きっぽいですし。やっぱり障子とか。あるいは、最近いろいろ出回っている和紙タオルだとかランチョンマットなどの新しめなアイテムか。しかし、和ウェディングを推してる和小物netさんが取り扱ってるこちらの逸品は、そのいずれでもありません。でありながら、心の底から「その使い方、最高」と思えるものです。

TP-02
御覧の通りの、トイレットペーパーでございます。「柔らかいのに丈夫で破れにくい」が、これほど重要なファクターになるアイテムも、ないでしょう。先述の通り、伝統の抄紙技術と仁淀川の豊富な水から生まれたというこちらのトイパは、その名を『ありがとうトイパ』。ドット柄が印刷されたペーパー本体を、ありがとう柄 or おめでとう柄が印刷されたキュートな箱で梱包と、プレゼントにうってつけの仕上がりとなってます。

加えて、こちらのトイパのポイントになってるのが、長さが通常の2~3倍と経済的であること。長く「ありがとう」や「おめでとう」が続くというわけです。超生活感のある実用性と、あたたかい気持との長いおつきあい。やはりプレゼントにうってつけと言えるでしょう。

和紙の新たな活用というと、何やかんや言っても、オサレ路線なアイテムが多いのが現状です。しかし、本当に普通に和紙が生活へ馴染んでいくに当たっては、このトイパのようなものこそ重要なのかも知れません。こういうの、もらうと絶対に嬉しいし、それに確実に使えますしね。

和風プチギフト 『ありがとうトイパ』 – 和小物net

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる