ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

別名・助け舟(笑)江戸時代、夜の営みで男たちを支え続けた性戦具「鎧形」!

別名・助け舟(笑)江戸時代、夜の営みで男たちを支え続けた性戦具「鎧形」!

先日の記事で、江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎による最後の艶本(春画)「萬福和合神(まんぷくわごうじん)」の中で、当時のアダルトグッズを紹介した「魂胆遣曲道具(こんたんやりくりどうぐ)」を紹介しました。

どう使うん?ってものまで!葛飾北斎による江戸時代のアダルトグッズ紹介「魂胆遣曲道具」

江戸時代に庶民の間で人気だった浮世絵にはさまざまなジャンルがあります。風景画、役者絵、美人画の他に、性的描写を含む春画(艶本)と呼ばれるジャンルも庶民たちに人気でした。当時は春画=エロ本といっ…

掲載されている道具の中には張形や媚薬などがありましたが、そのなかで、男性器を模し格子状にくり抜かれた道具が2つばかり紹介されています。

これは当時、「鎧形(よろいがた)」と呼ばれていた道具です。ご想像の通り男性器にかぶせて使用する道具で、武士が鎧を身にまとうように男性器につけていたから鎧形。

男性器に装着するからといってコンドームのような利用方法だったわけではなく、装着しながら行為をすることで、女性器に、より刺激を与えられるために使用しました。

ちなみに江戸時代にもコンドームに似た道具は存在していました。「茎袋」と言われるものです。

効果が乏しいものばかり…江戸時代にはどんな避妊具や避妊の方法があったのでしょうか?

現代の日本では少子化が問題になっていて、一人の女性が子供を出産する平均人数(合計特殊出生率)は1.5人を下回る数字になっていますが、江戸時代では、地域差はあるようですがこの数は6〜7人ほどであったと言…

2ページ目 江戸っ子はそれを「助け舟」と呼ぶ

 

RELATED 関連する記事