グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

まるで悠々と泳ぐ錦鯉!国内外で高評価を得ている美しき日本酒「錦鯉」に一升瓶バージョン登場!

まるで悠々と泳ぐ錦鯉!国内外で高評価を得ている美しき日本酒「錦鯉」に一升瓶バージョン登場!

2015年に登場し、錦鯉の姿を表現したボトルデザインが話題になった、海外からの評価も高い日本酒「錦鯉」

いよいよ販売再開!美しい錦鯉モチーフのビンが素敵な日本酒「錦鯉 KOI」

新潟県にある日本酒の酒蔵 今代司酒造が2015年5月から販売を開始し、様々なメディアで取り上げられ瞬く間に話題となり、製造が間に合わず出荷停止となっていた日本酒。それが「錦鯉 KOI」。錦鯉 …

平成から令和への改元の日である5月1日は鯉の日でもあることから、5月1日(水)に、新商品となる一升バージョンが発売されることになりました!

この美しいデザインを一升瓶で楽しめるなんて素敵すぎますね!

飲んだあともインテリアとして飾っておきたくなる美しさです。味わいは、白桃のような香りと、清らかさの中に堂々とした味を感じられる仕上がり。

日本酒「錦鯉」は、2015年に登場してからこれまで720mlボトルで販売していましたが、今回は一升バージョン。ボトル自体が錦鯉の姿を表現していて、カートンに入れることでまさに錦鯉が悠々と泳いでいるかのようなデザインになるんです。

かつて日本酒が樽で出荷されていた時代、米は貴重品であり、米からできる酒もまた貴重品でした。少しでも儲けを得たい酒蔵は、酒を薄めて酒屋に卸し、酒屋も酒屋でさらに水で酒を薄めて客に売っていたそうです。金魚が泳げるほどに薄められた酒という揶揄を込め、世間はそれを「金魚酒」と呼んでいました。

しかしそのような時代でも、錦鯉を作る今代司酒造では薄めずにお酒を卸していたため、酒屋から大変喜ばれたという話が伝わっているそうです。日本酒『錦鯉』は、今代司酒造の在り方を体現するような、威風堂々たるお酒を造ろうという思いから開発が始められました。

錦鯉は縁起の良い魚でもあるので、改元祝いに飲むお酒にぴったり。贈りものとしてもきっと喜ばれるでしょう。

5月1日(水)からは一升瓶バージョン(10,000円[税抜])とともにこれまでの720mlバージョン(5,000円[税抜])も販売されます。共にオンラインでの販売となります。

 

日本酒 錦鯉 KOI

 

RELATED 関連する記事