歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

自慢できるコトバの語源 ”じっぽん”と読まれていたことも…日本はどうして国際的な場面で「Japan」と呼ばれるようになったの?

”じっぽん”と読まれていたことも…日本はどうして国際的な場面で「Japan」と呼ばれるようになったの?

「いだてん」金栗四三がこだわった「日本」の国際表記

大河ドラマ「いだてん」第10話には、主人公の金栗四三が「オリンピックの開会式で掲げるプラカードの国名表記は「日本」にするべきだ!」と強く主張するシーンが登場しました。

この時の日本選手団が「日本」をローマ字で「NIPPON」と表記したプラカードを掲げて入場することとなったのは、ドラマのとおりです。

「いだてん」第10話振り返り。オリンピック開会式のプラカード「NIPPON」表記はストックホルム大会だけ

「いだてん」第10話が放送されました。前回は長い列車の旅で全員が鬱になっていましたが、今回誰よりも心がやられてしまったのは三島弥彦でしたね。日本人とは体格が全く異なる西洋人たちに交じって孤独に…

前後の国は「ITALY(イタリア)」「LUXEMBOURG(ルクセンブルグ)」だったため、現地の人の中には「おや?」と思った人もいたかもしれませんね。

ちなみに、歴代オリンピックでの日本の入場行進のプラカード表記が「NIPPON」だったのはこの時だけで、それ以降のオリンピックでは全て「JAPAN」とされています。

しかし、そもそもなぜ日本は海外で「NIPPON」ではなく「JAPAN」と呼ばれるのか、考えてみれば不思議ですよね?

2ページ目 「日本」は「じっぽん」とも読まれていた!?

 

RELATED 関連する記事